<スポンサーリンク>

2014年02月06日

ハードなパンを焼きました

パンを焼くようになってから、10年は過ぎただろうか?

たぶん、最初は2002年か2003年ごろだと思うのだけれど

ホームベーカリーを買って、そこから始まりました

でも、なんちゃってどまりでして

通常の食パンは配合を自分で何度か焼いてみて

一番口に合っていると思う配合でHBにおまかせして焼いていますし

オーブンで焼くにしても

最初の一次発酵まではHBにお願いしてしまいます

なので、いっこうに腕はあがりません


焼成に関しては、HBでお任せしない場合は

最初の頃は電子オーブンレンジで焼いていたのですが

2005年に引越したマンションにはガスオーブンが着いていたので

そこからガスオーブンの焼き上がりに魅了されてしまい

最後の焼成をガスオーブンでというスタイルになりました


それが、2010年に10年ぶりに実家に戻ってきてからは

何度かパンを焼いてみたものの

電子オーブンレンジでの焼き上げは私には難しくて

美味しいパンが出来上がらず

もう、パンを焼くのは諦めていました・・・



そんな昨年末のこと、大掃除の際にこの鍋を見つけて

ネットでいろいろと使い勝手を調べていたところ

釜の代わりにしてパンを焼くと美味しいという事を発見!

この鍋にまつわるお話は

近いうちに改めてアップする予定ですが

子供のころから懐かしい無水鍋です

どこの家庭にもおそらくあったはず・・・



とりあえず、まずは試し焼きということで

先日、今までのガスオーブンと同じレシピで焼いてみましたが

いくつか修正しなければならないポイントが出てきたので

本日はリベンジです


以下は今後の為の参考として残しておきます


   水       180t
   塩         6g
小麦粉(リスドォル)300g
モルトパウダー    4g
ドライイースト     3g




CIMG3202.JPG

焼きま〜す!

CIMG3209.JPG



★1個目

CIMG3204.JPG


CIMG3206.JPG




★2個目

CIMG3211.JPG




CIMG3210.JPG


1個目は一番大きい口で、ガスをつけた状態での火力のまま15分、のち最小に落として15分

2個目は同じく一番大きい口で、ガスを最大にして7分、のち最小にして16分


1個目の方は中も水が抜けていてドライな感じの仕上がりでした
2個目はクープが開いているのに、中はしっとり、色味も薄い


前回と変えてみた水分量などはこのままで良さそうなので

あとは焼き方の最適なポイントを探すだけですね・・・

とりあえず、次回はガス最大7分、のち最小で20分ぐらいでいってみようかな?


この焼き上がりがうまくつかめたら、今度はアレンジパンを焼いてみます

一つ残念なのは、この無水鍋を使うと

カンパーニュのような形はちょうどいいのだけれど

バゲットや、エピ、あと食パン型などが鍋に入らないので焼けないこと

これはサイズを小さくして作るしかないかな・・・

パンの型も、ミニサイズで何回かに分けてって感じかな


でも、このおかげで

またパンを焼こうという気になりました

ガスオーブン導入計画なども考えたのですが

物自体で最低でも30万ぐらいするのと

結局、キッチン周りの大幅なリフォームになってしまいそうで

諦めていました・・・


勢いにまかせてリフォームしなくて良かった・・・あせあせ(飛び散る汗)




CIMG3220.JPG



そんな本日のお酒は

お歳暮でいただいたヱビスビールビール

CIMG3218.JPG




そうそう、今日はこんなところに行ってきました

ここで買ったものも、近いうちにこちらに登場する予定です〜



CIMG3213.JPG



それから、夕方帰宅したら

こんなものが届いていました

モラタメさんに応募していたのが当選したようです

これまたテンションあがります


CIMG3215.JPG


飲むのが楽しみ楽しみ〜



****************************************

おつまみ ブログランキングへ
        ↑
2つのランキングに参加しています
よろしかったらクリックをお願いします       
      ↓
にほんブログ村 料理ブログ おつまみへ
にほんブログ村



posted by Niko at 21:59| Comment(0) | TrackBack(0) | パン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。