<スポンサーリンク>

2014年06月30日

たくあん漬けの仕込み まとめ編

季節は晩秋

だいたい柿の実を食べながらその皮を残しておいて

天日干しにしていくので、柿の季節が作業開始の目安ですね

作業を始めてから、美味しく食べられるまでには

一ヶ月半から二ヶ月ぐらいかかるので

ゆっくりのんびりと、自然に任せて待ちましょう!





  30人分   およそ 一ヶ月半ぐらいからが食べごろ

  • 大根(細長い品種のもの)      10本(およそ20キロ)
  • 生糠                    2キロ   ※お米屋さんなどでわけてもらいましょう!
  • 塩                     600g
  • キビ砂糖                 500g   ※ 普通のお砂糖でもかまいません
  • 日高昆布                 30cm×2枚
  • 唐辛子                   20本
  • クチナシの実                6個   ※ たくあんの黄色い色はこのクチナシの実の色です
  • 果物の皮(柿・リンゴ・みかん等)    できるだけたくさん  





それでは、いってみよっ



 下準備

  •  大根を綺麗に水で洗ってから、天日干しにします
      干す期間の目安は 重量が半分ぐらいになるまで水分が飛ぶようにですね
      そして、寒さで水分が凍ってしまうといけませんので、
      夜間は取り込むか、毛布を掛けて休ませてあげましょう

CIMG2717.JPG

CIMG2869.JPG



  •  果物の皮も同じように天日干しにしてたくさん用意しておきます
      柿が一番良いそうなので、食べたら絶対に皮を捨てないこと!
      ご近所に協力してもらってもいいくらいです
      干してしまうと本の少しになってしまうので、とにかくたくさん必要です
      ほかにはリンゴ、みかん、ゆずなども集めておきましょう




 工程

1)  大根が半分の重さになるまでじっくり干しあげます
    この間、だいたい2週間から3週間ぐらい見ておきましょう

2)  トータル20キロだった大根が10キロにまで干し上がったのがこの状態

CIMG3152.JPG


     力を加えるとUの字に曲がるぐらいが良いころ合いです




3)   大根の葉っぱを落として、マッサージをするようにまな板の上で

     大根の実をゴリゴリと揉みあげます

     こうすることで残っている水分が全体に回ってきます

CIMG3154.JPG


4)  クチナシの実、日高昆布、唐辛子をキッチンばさみなどで細かく砕いておきます

CIMG3146.JPG


5)  そこに塩、キビ砂糖を入れてしっかりと混ぜ合わせます

CIMG3150.JPG



6)  干し上がっている果物の皮も細かく崩しながらいれてしまいます

CIMG3155.JPG



7)  そこに、生糠を入れます

CIMG3157.JPG


CIMG3158.JPG


8)  漬け物樽の一番下に合わせた糠を敷き詰めます

CIMG3159.JPG


9)  ここに、干した大根を隙間を作らないように上手に並べていきます


10)  一段並んだらそこに糠を詰めていき、またその上に大根を並べていきます

11)  写真の樽で3本、3本、4本の3段が出来上がり、最後に大根を覆い隠すように

     生糠を敷き詰めて、隙間を全部埋めてしまいます

CIMG3160.JPG


12)  漬け物用の落し蓋を上に乗せて、さらに重石を乗せます

CIMG3162.JPG


13)  この上から新聞紙、雨除けのビニール風呂敷をかけてひもで縛って

     日当りが良くて風通しの良い場所に置いて、糠が発酵してたくあんに仕上げてくれるのを待ちます

CIMG3164.JPG


14)   樽につけこんでから11日目の様子がこちら

CIMG3304.jpg

    大根から出てきた水分が少しずつ糠に回ってきているのがわかります

    この水が全体に回ってきて大根を発酵させてくれるので、水の上りが悪いようでしたら

    さらに重石を乗せたり、呼び水を少し加えたりして様子を見ましょう


15)  そして、漬けこんでから20日後の樽の中からできるだけ下の方から引っ張り出してきたのが

     この出来上がり

    ジャジャーン

IMG_6637料理.jpg


合成着色料など一切使っていない、クチナシの実の自然な色が大根に移ったのがこの色です

ほんのり甘くて、ポリポリと歯ごたえもあり、芯までしっとりとしているたくあん漬けの完成です!




だいたい、晩秋から始めて、12月後半には食べ始められるような段取りが一番理想でしょうか

出来上がったたくあんは、一本ずつ樽から引っ張り出してきて

食べる分だけを切り分けて糠を洗って落として、いただきます

一度樽から取り出したたくあんは、密封性の高いビニール袋などで糠が付いた状態で

冷蔵庫で保存しておき、食べる分だけ毎回切り分けていただくようにします



樽の中はときどき発酵の状態を見て糠をひっくり返して、均等に発酵するように調整してあげましょう

3月に入ると、気温が急に上がります

そうするとたくあんの糠も一気に発酵が進んでしまいますので

3月上旬までに食べきれる量を漬けこむようにしましょう!

自分で漬けこんだたくあんを口にしたときの喜びは何とも言えません



そして、3月になって産膜酵母が張ってくるころになると

今度はぬか漬けの季節に変わります

たくあん漬けの樽の中の糠は捨てずに、

ぬか漬けを冬眠から目覚めさせるためのブースターとして

しっかりと使い切りましょう!

無駄にするところは何もない、そして季節の巡りを身体で感じることができる

素晴らしい食文化だということを実感するはずです




「無形文化遺産決定!ずっと残したい我が家の和食レシピ」コーナーにレシピを掲載中!

****************************************       
3つのランキングに参加しています
よろしかったらクリックをお願いします       
  




posted by Niko at 23:19| 神奈川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | まとめ編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ガラムマサラで豚肉とセロリの炒め物

レシピブログさんの企画に参加させていただいております




世界の料理に使われているスパイスを使って世界の味を

手軽に楽しみましょうというお題です



IMG_8309料理.jpg

GABAN イタリアンハーブミックス

GABAN ガラムマサラ

GABAN 五香粉

GABAN チリパウダー

おまけのハウス食品 トムヤムチキン



その中から今回使ったのは ガラムマサラ

普通の肉野菜炒めも、これを一振りするだけで

なんだかあれ?ヨソユキ?

そんな味に変わりました

飲兵衛の我が家には好評なつまみとなりました




  材料  3人分   およそ  20分

  • 豚コマ薄切り      250g
  • セロリ      3本くらい
  • 塩コショウ   適量
  • ガラムマサラ  小さじ1杯




それでは、いってみよっ



 下準備

  • 豚肉は3cmぐらいに切っておき、ボウルの中でガラムマサラと塩コショウを振って
     混ぜてなじませておきます
  • セロリは斜めに薄切りにしておきます

IMG_8893料理.jpg


 工程


1) テフロン加工のフライパンを使うので、油は使いません

2) 熱したフライパンに豚肉を入れて炒めます

IMG_8895料理.jpg




3) 火が通りかけてきたら、セロリを入れます

IMG_8896料理.jpg




4) セロリにしっかり火が通るまで、じっくり炒めます



5) 塩コショウを少し振って味を調えて出来上がり〜


ジャジャーン

IMG_8897料理.jpg


たったこれだけ!



カレーっぽいのだけれど、カレーじゃない

それがガラムマサラ

豚肉の臭みや、セロリのクセなども抑えてくれる効果があるようで

冷めても美味しいので、お弁当のおかずにもいいですね

この日もお酒が進みました!

ごちそうさまでした〜







****************************************       
3つのランキングに参加しています
よろしかったらクリックをお願いします       
  




posted by Niko at 22:08| 神奈川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

チリパウダー で 大人のエビマヨ

レシピブログさんの企画に参加させていただいております




世界の料理に使われているスパイスを使って世界の味を

手軽に楽しみましょうというお題です



IMG_8309料理.jpg

GABAN イタリアンハーブミックス

GABAN ガラムマサラ

GABAN 五香粉

GABAN チリパウダー

おまけのハウス食品 トムヤムチキン



その中から今回使ったのは チリパウダー



中華料理で大人も子供も好きなエビマヨを

チリパウダーを使って、ちょっと大人のエビマヨに変身させてみました!





  材料  5人分   およそ  30分

  • むきエビ     300g
  • ズッキーニ     中くらい3本
  • マヨネーズ    大さじ4杯
  • 白だし       大さじ1杯
  • チリパウダー   小さじ1杯
  • 片栗粉 @      大さじ3杯
  • 片栗粉 A      大さじ1杯
  • 酒          大さじ3杯
  • ニンニク      ひとかけ
  • サラダ油      大さじ1/2杯
  • ごま油       大さじ1/2杯
  • 九条ネギ      お好みで



それでは、いってみよっ



 下準備

  • むきエビを水ですすいだ後、お酒、片栗粉Aを入れて15分ほどおき
     臭みを取ります
  • 15分ほどしたらもう一度水ですすいで、新たに片栗粉@をまぶしておきます
  • マヨネーズ、白だし、チリパウダーを混ぜておきます
  • ニンニクは粗みじんに切っておきます

IMG_8917料理.jpg


IMG_8928料理.jpg



 工程


1) ズッキーニは1cmぐらいの輪切りにして、焼き網などで素焼きをして
   焦げ目がつくくらいまでしっかりと火を通します

IMG_8927料理.jpg


2) フライパンにサラダ油とごま油を入れて、ニンニクの香りを立たせてから
   むきエビを炒めます

IMG_8931料理.jpg


3)  火が通ってきたら、マヨネーズソースを入れて全体に絡ませます

IMG_8932料理.jpg


4)  マヨネーズが溶けて、むきエビ全体にしっかりと絡まったら盛り付けです


5)   ズッキーニを先に並べた上に、4)を乗せて、最後に九条ネギを彩りにふります

ジャジャーン

IMG_8938料理.jpg


我が家ではこんな感じに大皿に盛って、各自で取り分けていただきます

IMG_8940料理.jpg



大人向けのエビマヨ

エスニックな味付けにはビール・・・

ということで、発泡酒を一緒にいただきました

IMG_8943料理.jpg



子供にはこの味、この美味しさ、きっとわからないだろうな〜

わからなくていいよ






****************************************       
3つのランキングに参加しています
よろしかったらクリックをお願いします       
  




posted by Niko at 21:36| 神奈川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする