<スポンサーリンク>

2016年11月23日

白菜漬けの仕込み 第一弾 (2016-2017)

今年の秋はお野菜が高騰していて普通に買おうとすると手が出ませんね・・・

いつもの農家さんでも11月の半ばまでかなりお値段が上がっていました
時期的にもまだ巻きも薄いので、漬けたいのを我慢して手を出さずに過ごしましたが
さすがに11月後半ともなると高齢の父が白菜はまだか?と言い出すので
ようやく買ってきたのが21日の事

そして、お休みの日でお天気もなんとか持ちそうだと思われた23日に
今年の第一弾を仕込むこととなりました

今回の白菜はこちら

CIMG0880料理.jpg

1玉450円です
でも、地元のスーパーなどで買うよりはずっと巻きがしっかりしている大玉

大きさはこんな感じです

CIMG0881料理.jpg


CIMG0887料理.jpg

いつもは4玉とか5玉ぐらいを一気に仕込むのすが
今年はとりあえず2玉だけになりました。300円ぐらいまで値段が落ちてくれると
いつもレベルで漬けこめるのですが、さすがにね・・・

そんな今年の2玉のうち1玉はいつもの白菜ですが
もう1玉を「オレンジ」と呼ばれていた品種にしてみました
中を割ってみるとこんな感じです

CIMG0888料理.jpg

左がオレンジ、右が普通の白菜

さてさて、どんな漬けあがりになるのでしょうか?



いつもの通りの段取りで
樽と重石と天日干しする台を洗って乾かして

CIMG0883料理.jpg

台には新聞紙を置いて

CIMG0882料理.jpg

割いた白菜を水にさらした後、半日天日干ししていきます

CIMG0889料理.jpg

これも、2玉なのでこんなに少なくてなんだか寂しい・・・( ;∀;)

水がある程度切れたころに、
赤唐辛子、ゆずの皮、昆布の切りくず、粗塩を用意して

CIMG0891料理.jpg

樽の一番下にササッと塩を振りいれた後
白菜をギュギュっと詰めて、均等に振りかけていきます

CIMG0893料理.jpg

これを3段ぐらいで今回は終了です

そのあと、落し蓋を乗せて重石を乗せ

CIMG0894料理.jpg


新聞紙・ビニール風呂敷をかぶせて紐で縛って完成!

CIMG0896料理.jpg


これであとは2週間ほど、そのまま置いて熟成させます

白菜のモノはとても良かったので、出来上がりも楽しみです

あー、冬がやってきたんだな〜と実感する行事ですね

****************************************
にほんブログ村 料理ブログ おつまみへ
にほんブログ村
      
ランキングに参加しています
よろしかったらクリックをお願いします 
      ↓


おつまみ ブログランキングへ


posted by Niko at 23:21| 神奈川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 白菜漬け(秋・冬) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月15日

カラマンシー ストレート果汁100% 飲兵衛の我が家では何に使う?(≧▽≦)

航空集配サービス株式会社のモニターに参加させていただいております

いただいたのは

マンジー カラマンシー ストレート果汁100%

 国内ブランドサイト



東南アジア地域では「フィリピンレモン」の名としても広く人々に親しまれている

カラマンシーという柑橘系の果物

私は初めて耳にしました


味見をしてみたところ、甘みよりも柑橘系の酸味が強かったので

それを使ったレシピをということで、いろいろ考えた結果・・・

こちらの2種類をレポートさせていただくことにしました(≧▽≦)


どちらも簡単ですので、ぜひ試してみてくださいクラッカー


まず、最初が

フローズンカクテル


レシピとしては・・・

1ジン  100t

2カラマンシー 大さじ1

3カルピス    大さじ1

4家庭用の製氷機で作った氷 適宜


これを、お手持ちのブレンダーやジューサーなどで砕いて合わせます


2016-11-14 19.16.18料理.jpg


その際、ご家庭の製氷機で作った氷を使うのがポイントですが
お手持ちのブレンダーによっては氷を粉砕することができない機種もありますので

お手持ちの取り扱い説明書をよくご確認くださいね


こちらの作り方を、動画にしてみました!

と言っても、ガーッと回すだけなんですけれど(≧▽≦)



あとは甘みが足りない場合はカルピスを増やして、

アルコールが強い場合はジンを減らしてと
それぞれお好みで調節してください


2016-11-14 19.24.34料理.jpg


このレシピだと我が家の好みなので、かなり強めのショートカクテルになります

ミントなどの葉を最後に飾りにつけてもいいですね




そして、お次が

カラマンシーで作る自家製ポン酢 


レシピとしては・・・

1カラマンシー果汁 150t

2醤油         150t

3出汁用の昆布   10cmぐらい

  ※下の画像では出汁昆布のほかに、昆布の切りくずも写っています

4鰹節もしくは天然だしパックなど


IMG_3194料理.jpg


こちらを全部一緒に保存容器に入れて熟成させるだけ!


IMG_3197料理.jpg



この昆布と、鰹節もしくはだしパックは

24時間ほどで一旦取り出してください


その後、ポン酢として使うためにはそのまま冷蔵庫で熟成させます


IMG_3204料理.jpg


2〜3か月ぐらい熟成させてからの方がまろやかさがでますが

どうしてもそんなに待てない!という方でも

なんとか10日ぐらい頑張ってみてください

最初の尖ったような酸味が熟成されるとどんどんまろやかになっていきます


これから鍋の季節になりますし、ぜひ自家製のポン酢で

はふはふ鍋しながら温かいお鍋に舌つづみを打ってみてくださいね


 マンジーカラマンシーレシピ

 国内ブランドサイト



 ブログで口コミプロモーションならレビューブログ



****************************************
にほんブログ村 料理ブログ おつまみへ
にほんブログ村
      
ランキングに参加しています
よろしかったらクリックをお願いします 
      ↓


おつまみ ブログランキングへ

posted by Niko at 17:49| 神奈川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | レビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月05日

料理とは関係ないのですが・・・

我が家で一緒に暮らしている犬と猫の事を別ブログでアップしているのですが
そこに書いた記事をこちらにも転載させていただきます

実は、こんなコンテストがありまして・・・
撮りためてきた素材から編集をして応募をしてみました
よろしかったらお時間のある時にご覧になってください
音楽が付いているのでボリュームにはお気を付けくださいね

     

au損保『第2回ペット動画コンテスト』〜ペットは大切な家族〜


エントリーしてみました!






◆作品説明:

 保護犬だったライヤ(♀)が生後2か月ほどで我が家に来た一年後、

2011年に保護猫のルネ(♂)もライヤの一目ぼれで一緒に暮らすことになりました。

 ライヤ姉さんは自分がお世話する気満々で毎日面倒を見てくれたおかげで、

今でも仲良く姉弟の様に暮らしています。

この動画には出てきませんが、ルネがやってきた2年後に、

もう一頭猫が一緒に暮らすことになりましたが、ライヤ姉さんは同じように面倒を見てくれて

我が家のベビーシッターとして仔猫たちを育ててくれました。

 「犬」とか「猫」という種を越えて、命として向かい合う事を

私たち人間がライヤ姉さんから教わったような気さえしています。

そんな中で人間の私ができることは、この子たちの命を最後までしっかりと大切に守ること。

そんな思いを二匹の成長とともにまとめてみました。



-----------------------------------------------------------------

au損保『第2回ペット動画コンテスト』〜ペットは大切な家族〜

最優秀賞には「賞金10万円」を贈呈!


▼コンテスト詳細



▼au損保の「ペットの保険」



▼愛犬・愛猫との楽しい日常を記録できる無料アプリ「ペットの家」のダウンロード

はこちら



(2016年9月現在)

-----------------------------------------------------------------

■EUREKA■

チャンネル分析&企業タイアップ!Youtuberをサポート!






ブログはこちら

   ↓

ワンとニャンな日々




BGMは

♪音楽素材『甘茶の音楽工房♪

Music Atelier Amacha


****************************************
にほんブログ村 料理ブログ おつまみへ
にほんブログ村
      
ランキングに参加しています
よろしかったらクリックをお願いします 
      ↓


おつまみ ブログランキングへ

posted by Niko at 17:34| 神奈川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする