<スポンサーリンク>

2014年07月03日

ブルーベリー酵母とカルピス酵母のカルピスしばりで焼いたパンいろいろ

続けて今度は自家製酵母で焼いたパンの記録

まず、ブルーベリー酵母を使ってリスドォルでお水を硬度1849度の超硬水を使って

ブールのレシピで焼いてみたのがこちら

無水鍋で焼くので、手のひらサイズのちぎりパンにしてみました

中にはダイスチーズを入れて、てっぺんをキッチンばさみでチョッキン


IMG_8873料理.jpg


気のせいなのか、塩味が引き立っていていつもと違う感じがしたのです!

外の皮がパリパリで美味しい〜

もう半分は、ラム酒に漬けたレーズンが残っているのでそちらを練りこんで

クッキングシートをホチキスで止めたいい加減な型で二次発酵したのち

クープを入れようと思ったのだけれど気温が高いからか加水率はそんなでもないのにネチョネチョで

そんな焼き上がりがこちら

IMG_8875料理.jpg

あれ〜?それでもちゃんとパリパリの、クープもどきが割れるところは割れた

美味しそうな見た目に焼きあがりました

食べてみると、これまた美味しい〜!

あれれ?お水って焼き上がりのパリパリ間だけでなく、そんなに味に違いが出るのかな?

すごく不思議です

もう少し、超硬水が残っているので試してみようと思います



そして、また別の日ですが

こんなものをいただいたので・・・

CIMG5350料理.jpg


カルピスバターは知っていましたが、カルピスマーガリンは知りませんでした

これが6個もいただきもので届いたので、さっそく使ってみることにしました



今回はリッチ系のパンなので、粉は春よこい、そして硬度56度の水道水を使いました

せっかくなので、カルピス酵母を使って、そしてカルピスバターとの比較もしてみようかな




ということで、まずはカルピスマーガリンの方から・・・

CIMG5363料理.jpg


3本に分けて、三つ編みをして


CIMG5364料理.jpg


1.5斤型に入れて、無水鍋で焼きます!


CIMG5365料理.jpg


焼き上がりはこんな感じに〜


IMG_8908料理.jpg


あんまり上に伸びてくれませんでした

焼き色も思ったようには着いてくれなかったので

ちょっと残念

卵も塗ったのですけれどね・・・


IMG_8911料理.jpg



そして、もう一種類、同じ配合で変えたのは油脂をカルピスバターにして

こちらはロールっぽくしてちぎりパンに

中身にはシャウエッセンとダイスチーズが入っています

同じように、卵を塗ってほとんど同じような時間で焼いています


IMG_8921料理.jpg


IMG_8918料理.jpg


で、一晩冷ました後に翌朝食べたのがこちらの写真

CIMG5366料理.jpg



カルピスマーガリンのパンにはカルピスマーガリンを塗って

カルピスバターのパンには普通のマーガリンを塗って

どちらも美味しくいただきました〜


でもね、カルピスマーガリンは焼くと風味がなくなってしまっていました

お菓子作りにもイイということでいただいたのですが

クッキーなんかだと香りが残るのかしら?


カルピスバターのパンは、もう言うまでもなくとっても濃厚で美味しかった〜


まぁ、なんでも自分で焼いたパンは美味しいんだけれどね


カルピスマーガリンのレビューとしては、別のブログの方で後日する予定です

Nikoのブログ


****************************************       
3つのランキングに参加しています
よろしかったらクリックをお願いします       
    





posted by Niko at 23:14| 神奈川 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 自家製酵母 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。