<スポンサーリンク>

2016年11月15日

カラマンシー ストレート果汁100% 飲兵衛の我が家では何に使う?(≧▽≦)

航空集配サービス株式会社のモニターに参加させていただいております

いただいたのは

マンジー カラマンシー ストレート果汁100%

 国内ブランドサイト



東南アジア地域では「フィリピンレモン」の名としても広く人々に親しまれている

カラマンシーという柑橘系の果物

私は初めて耳にしました


味見をしてみたところ、甘みよりも柑橘系の酸味が強かったので

それを使ったレシピをということで、いろいろ考えた結果・・・

こちらの2種類をレポートさせていただくことにしました(≧▽≦)


どちらも簡単ですので、ぜひ試してみてくださいクラッカー


まず、最初が

フローズンカクテル


レシピとしては・・・

1ジン  100t

2カラマンシー 大さじ1

3カルピス    大さじ1

4家庭用の製氷機で作った氷 適宜


これを、お手持ちのブレンダーやジューサーなどで砕いて合わせます


2016-11-14 19.16.18料理.jpg


その際、ご家庭の製氷機で作った氷を使うのがポイントですが
お手持ちのブレンダーによっては氷を粉砕することができない機種もありますので

お手持ちの取り扱い説明書をよくご確認くださいね


こちらの作り方を、動画にしてみました!

と言っても、ガーッと回すだけなんですけれど(≧▽≦)



あとは甘みが足りない場合はカルピスを増やして、

アルコールが強い場合はジンを減らしてと
それぞれお好みで調節してください


2016-11-14 19.24.34料理.jpg


このレシピだと我が家の好みなので、かなり強めのショートカクテルになります

ミントなどの葉を最後に飾りにつけてもいいですね




そして、お次が

カラマンシーで作る自家製ポン酢 


レシピとしては・・・

1カラマンシー果汁 150t

2醤油         150t

3出汁用の昆布   10cmぐらい

  ※下の画像では出汁昆布のほかに、昆布の切りくずも写っています

4鰹節もしくは天然だしパックなど


IMG_3194料理.jpg


こちらを全部一緒に保存容器に入れて熟成させるだけ!


IMG_3197料理.jpg



この昆布と、鰹節もしくはだしパックは

24時間ほどで一旦取り出してください


その後、ポン酢として使うためにはそのまま冷蔵庫で熟成させます


IMG_3204料理.jpg


2〜3か月ぐらい熟成させてからの方がまろやかさがでますが

どうしてもそんなに待てない!という方でも

なんとか10日ぐらい頑張ってみてください

最初の尖ったような酸味が熟成されるとどんどんまろやかになっていきます


これから鍋の季節になりますし、ぜひ自家製のポン酢で

はふはふ鍋しながら温かいお鍋に舌つづみを打ってみてくださいね


 マンジーカラマンシーレシピ

 国内ブランドサイト



 ブログで口コミプロモーションならレビューブログ



****************************************
にほんブログ村 料理ブログ おつまみへ
にほんブログ村
      
ランキングに参加しています
よろしかったらクリックをお願いします 
      ↓


おつまみ ブログランキングへ



posted by Niko at 17:49| 神奈川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | レビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。