<スポンサーリンク>

2015年02月09日

たくあん漬けの仕込み 第三弾 樽に漬ける (2014-2015)

今季最後の樽漬けをしました

気温が低かったので手が冷たくて痛かった〜

まずは干していた大根をおろし

CIMG7704料理.jpg

葉っぱのところを落とします

CIMG7705料理.jpg

あ、余談ですが

こうやってipad2で音楽を聴きながら作業していたのですが

急に音楽が変わってしまったのでどうしたんだろう?って思ったら

なんと!

ipadって大根で操作ができるんですね!!

どうやら大根の先っぽがふれてしまったようでした

ってことで、試してみたところ

CIMG7706料理.jpg



本当に操作ができてしまいました!

ビックリ


さて、本筋に戻りますと

実は、大根を下す前にすでに部屋の中でぬかの準備をしておりました

CIMG7693料理.jpg

塩、砂糖、昆布の切りくず、唐辛子、クチナシの実、果物の皮

などを分量通り大きなボウル2つにわけていれておき

そこに糠を入れて

CIMG7700料理.jpg

ざっくりと混ぜ合わせておきました

CIMG7701料理.jpg


このボウルから、漬け物用の樽に

一番下にぞぞっと入れて

CIMG7707料理.jpg

大根を並べて、その上からまたゾゾゾッといれて

CIMG7708料理.jpg

そして、また大根を敷き詰めて

糠をドドドッと入れる

CIMG7709料理.jpg


で、今回もここからさらに

第二弾のたくあん漬けを樽から引っ張り出して

上に乗せて

味の回ってきている糠を間に詰めて・・・を繰り返して

最後に味が廻っている糠で蓋をするようにして

表面と、落し蓋と、重石にエチルアルコールを吹きかけてから

新聞紙、ビニール風呂敷でいつものように保管


今回、ちょっと困ったのは

第二弾を漬けこんでから一度も樽の中をチェックしていなくて

第一弾のたくあんを取り出したときも、上だけしかいじらなかったので

中の様子を確認していなかったのですが

なんだか、色が変色している部分があって

なんとなくカビのような色味だったので

そこの周りは見つけるとごそっと捨てながら

綺麗なところだけ使っていくことにしました



面倒くさがらずに、途中で一度、樽を返した方がいいのでしょうかね?

果物の皮は干したものを使っているのですが

干している段階でカビが生えているものもあるので

それは外しているのですが

そこから回った菌が繁殖したのか

それとも、大根とぬかの隙間から雑菌が繁殖したのか

なんとも、原因はわからないので

この最後の樽では

時々、中をチェックしてみることにしようと思っています

自然を相手にするという事は大変ですね・・・



今度の土曜日にお友達との集まりがあるのですが

そこに、たくあんと白菜漬けを持って行く予定なので

なんとか第二弾のたくがんが美味しく出来上がってくれるとイイのですが・・・

あと数日、熟成してくださいね〜





****************************************       
3つのランキングに参加しています
よろしかったらクリックをお願いします       
    



posted by Niko at 23:29| 神奈川 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | たくあん漬け(晩秋・冬) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月19日

たくあん漬けの仕込み 第三弾 天日干し(2014-2015)

今日は写真がありませんが

たくあん漬け、一応今シーズン最後の仕込みのつもりで

第三弾の天日干しを開始しました


重さも計りませんでしたが

持った感触だと今シーズンで一番しっかりした大根のようです


これで、ちょうど昨年漬けた時と同じくらいの時期ですので

なんとか糠漬けまで、バトンが渡せそうな勢いが見えてきました


天日干ししたところで、第二弾の樽をちょっとチェックしてみたところ

第一弾の残り3本のたくあんと味の染みている糠を一緒に入れたのが良かったようで

すでに、全体がしっとりしておりました


そして、そこから第一弾のたくあんを2本取り出して

1本をお隣さんにおすそわけ

そしてもう一本が我が家の食べる分


と、いうことで

第一弾も残り1本となりました

あっという間ですね〜



ちょうど、裏の家のおじさんが大根を干す作業をしているところでお目にかかったら

先日おすそ分けしたたくあんが美味しかったとお褒めの言葉をいただきました!

嬉しいですね〜

来年はもっとたくさん漬けて、お友達にも分けてあげたいな〜




****************************************       
3つのランキングに参加しています
よろしかったらクリックをお願いします       
    



posted by Niko at 14:45| 神奈川 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | たくあん漬け(晩秋・冬) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月12日

たくあん漬けの仕込み第二弾(2014-2015) 糠に漬ける

今年のたくあん漬け第二弾の天日干しスタートから半月


総重量は6キロになっておりました

17キロが6キロなのでちょっと干し過ぎたかもしれませんね


大根の葉っぱの部分を切り落として

まな板の上でゴリゴリさせながら、水が上がりやすいように下準備

そして、果物の皮やら塩、砂糖、唐辛子、こぶなどを合わせたものを準備します

CIMG7289料理.jpg

CIMG7288料理.jpg


この中に昨年末にお米屋さんからいただいた生糠をドバっと入れて

混ぜ合わせたのち、樽に敷き詰めていきます

CIMG7291料理.jpg


そこに大根を並べて

CIMG7290料理.jpg


そしてまた糠を入れていき


CIMG7292料理.jpg

今回も2段になりましたがしっかりと押し込みましたよ

そして、今回はこの後にちょっと試しにですね

第一弾のたくあんの残りと第一弾の糠をこの上に入れて

CIMG7295料理.jpg

そして、落し蓋をして重石を乗せてみました

CIMG7297料理.jpg


ご近所にちゃんと配るとお約束をしているので

残り6本のうちの3本を取り出して

CIMG7294料理.jpg

この出来上がりは3軒へお届けしてきました

そうやって考えていくと

やはり、第一弾の10本って少ないなと実感

次が完成するまでにあっという間に無くなっちゃう・・・


来年は20本ずつ漬けようかしら

計画を見直さないといけませんわ


と、いうことで

これからまた半月ばかり

樽の中で育って行ってもらいましょう



父がこのところ、たくあんたくあんとうるさいのですが

しばらくはお預けです!

だって、出したら全部食べちゃうんですもの

せめて1本が一週間ぐらい持ってくれればいいのですが

二日か三日でなくなっちゃう

これじゃ、追いつかないわけですよね


****************************************       
3つのランキングに参加しています
よろしかったらクリックをお願いします       
    



posted by Niko at 00:19| 神奈川 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | たくあん漬け(晩秋・冬) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする